» 社会のブログ記事

あえて避けてきた話題だけど、気がつけば一ヶ月が過ぎていたので。
僕も仙台に住んでいるので、もしかしたら被災者なのかもしれない。でも、僕の被害は食器だけ。家族も親戚も知人も無事だった。
仙台にも家やすべてを津波で失った人はいる。そんな人の前では、とても被災者なんて言える状況ではない。

地震の後、すべてのライフラインは止まった。街中の電気が消えて星が綺麗だった地震の日の夜。
その後ラジオで聞いた被災地の惨状。
電気が復旧した後にテレビで見た信じられない津波の光景。テレビなんて見なければよかったと本気で思った。

地震の後、早朝から食糧を買いにスーパーに並んだりしたのなんて、たいしたことではない。

とてもうまかった気仙沼の寿司や亘理のはらこめし。大好きだった志津川の景色。よく行った名取のサイクリングセンターや海沿いの公園。すべては津波で消えてしまった。

もう元には戻らないだろう。

地震の後、たまたま海の方まで行く用事があった。確かに海の方ではあるけど、海に近いという感覚でない場所まで津波の被害があった。

自分の目で見るのと、テレビや新聞などの報道で見るのとは別物だよ、あれは。
この前まで家があった場所や田んぼだったところが瓦礫の山。何でこんなところに、という場所に船がたくさんある。海までまだまだという場所なのに。

僕もよく通る道だったから、もしその道を通っている時だったら死んでいた訳だ。生きていたのは運が良かっただけだ思うと、亡くなった方のことを他人事だとは思えない。

知っている景色が無くなってしまうというのは、本当に涙が出る思いだよ。

テレビで、がんばろう東北!なんていうのや、日本の力を信じてる、なんていうのを見るけど、頑張らなくてもやるしかないし、信じて無くても生き残ったからにはやるべきことはたくさんある。

生きているからには、未来を信じてやるだけだ。

地震の前には戻らないけど、前よりももっと良い宮城を作るために前進していかなければいけないよね。そうでなければ亡くなった方たちに申し訳が立たない。

やるぞ宮城!

今回の話は犬好きの人はムカっとくるかも。それでもあえて投稿する。本当の犬好きなら分かってくれるはず。

最近感じること、特に小型犬を最近飼い始めた人はキチガイだらけ。もちろん皆が皆変な人だとは思っていませんが、最近は常識のない人が増えていると思いませんか?

絶対に許せないのは、散歩中にノーリードにする人。公園や道路でもノーリードの人間がいる。これをキチガイと言わずして何というのでしょうか?

大抵の自治体ではノーリードは禁止されているはず。中には条例を知らない無知な人や、湾曲して自分の都合の良いように頭の中で作り変えるバカもいる。大事なペットの法律も調べようともしない低脳か、なぜノーリードが禁止されているのか理解もできない程度の知能しかない人間なのだろう。

条例で禁止されているからノーリードはだめだと言っているわけではない。禁止されていなくてもいけないことだと思う。
禁止されている理由も理解できない無能、人の迷惑も考えられない低脳。こんな人間がペットを飼う資格があるのだろうか。
この程度の人にとって注意されるのが一番我慢できないのだろう、必ず逆切れする間抜けっぷり。

犬をうちの子、家族と呼ぶ気持ち悪さ。周りの人間は失笑しているのに気がつかない理解力のなさ。

飼われている犬が可愛そうになる。本当の愛犬家ならこんな人間はいないはずだ。

ペットショップが犬を売るときに、条例を説明するなど飼い主の教育をちゃんとしないのも問題だろう。

所詮は、ペットブームに踊らされて犬を飼ってしまう程度の人間だから仕方がないのかな?

犬は相棒ではあるけど自分の子供ではない。人間扱いする存在でもない。犬は犬だ。そこを履き違える人はペットを飼うべきではないと思う。

カレンダー

2018年4月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ

PR