ちょくちょく設定するわけではないので、やるたびに忘れてしまうWordPressのインストール方法。僕はさくらインターネットでサーバを借りているので、ここではそのやり方を忘れないよう自分的メモのつもりで記載します。

1.まずはさくらインターネットでサーバをレンタルする。
ここで注意が必要なのは、データベースが使えないとWordPressは使えないので、スタンダード以上のプランで契約する。
機能一覧はこちらで確認

さくらレンタルサーバを借りたら、データベースの設定をする。
詳細はここを参照

2.WordPressをダウンロード
ダウンロードはここから
ダウンロードしたら解凍する。

3.WordPressの設計
ここからが本番。
解凍したWordPressのフォルダの中に、「wp-config-sample.php」というファイルがあるので、これをエディタを使って設定を書き換える。
この際、Windowsのメモ帳を使って書き換えてはダメ。メモ帳ではちゃんと使えるように保存できない。

秀丸や、フリーソフトのMKEditorあたりを使う。

エディタで「wp-config-sample.php」を開いたら、下の箇所を探す。
—————————-
// ** MySQL 設定 – こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘putyourdbnamehere’);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘usernamehere’);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘yourpasswordhere’);

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);
—————————-
まずは、define(‘DB_NAME’, ‘putyourdbnamehere’);のputyourdbnamehereの部分をさくらレンタルサーバの自分のアカウント名に変更。

define(‘DB_USER’, ‘usernamehere’);のusernamehereの部分も上と同じアカウント名に変更。

define(‘DB_PASSWORD’, ‘yourpasswordhere’);のyourpasswordhereは、1.で設定したさくらレンタルサーバのデータベースの設定のときの「データベース接続パスワード」を入力する。

define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);も変更する。localhostの部分をmysql**.db.sakura.ne.jp(**の部分は数字が入る。さくらレンタルサーバの「データベースと管理ツール」の画面で確認)

入力後はこんな感じ
—————————-
define(‘DB_NAME’, ‘アカウント名’);
define(‘DB_USER’, ‘アカウント名’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘データベース接続パスワード’);
define(‘DB_HOST’, ‘mysql**.db.sakura.ne.jp’);
—————————-

次に、同じ「wp-config-sample.php」の中に、「$table_prefix = ‘wp_’;」という部分がある。
1つのさくらレンタルサーバの契約内で、WordPressも1つしかインストールしないなら変更する必要なし。
しかし、2つ以上のWordPressをインストールするなら、2つ目からは’wp_’の部分を’wp_2’、’wp_3’など、それぞれ違う名前に変更する。
そうすれば、1つのレンタルサーバで複数のWordPressを動かすことができる。

すべての入力が終わったら「wp-config-sample.php」ファイルを、「wp-config.php」という名前に変更して保存。

4.ファイルのアップロード
後はwordpressフォルダの中のサブフォルダとファイルをすべて設置したい場所へアップロードする。

5.インストール
アップロードが終わったら、アップロードした場所のアドレス/wp-admin/install.phpにアクセスし、指示通りにインストールして完了。

カレンダー

2018年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

PR