久しぶりに、ロードバイク用のホイールを組んでみた。自分で組んだホイールは、やっぱ愛着の度合いがぜんぜん違います。
やったことない人はぜひ組んでみてください。思ったより難しくはないハズ。

本当はREYNOLDSのSolitudeが欲しかったんだけど、手持ちのハブもあるし、同じようなホイールを組めば良いか!と思い立ったのが始まり。結局は全然違うものになりましたが。

使ったパーツは、
リム:VELOCITY DEEP-V 32H ブラック
ハブ:手持ちの105(5600) ブラック
スポーク:DT Swiss Competition ホワイト

このスポークを素直にシルバーかブラックにしておけば、2万円もかからずホイールが完成したものを…

ところで、組み方は面倒だしもっと上手い方が大勢いるので割愛。すんません。

出来上がりはこんな感じ。
フロント 32H ラジアル組
フロントはラジアル組。組む前は32Hのラジアルってどうかと思ったけど、出来上がりは自分では満足してます。いかがなもんでしょうか?

リア 32H
リアは、フリー側のみ6本組で反対側はラジアル組。両方タンジェント組よりも見た目が面白いでしょ?
ラジアルのほうがスポークが短くなる分、軽量化につながるらしいけど、あまり軽量化には興味がないので見た目だけのためにこの組み方です。

ハブ周り

組んでいるときに思ったんだが、DEEP-VじゃなくKINLIN のXR-300で良かったんじゃないだろうか・・・ 見た目も変わらんし重量なんかXR-300の方が軽い?そして値段はDEEP-Vの方が高い。

まあ、前に組んだ240より塗装が丈夫だし良いか・・・

ところでこのホイール、何とスポークが一番高い!スポークだけで2万円以上かかっております。アホです。
結局Solitudeと同じくらい出すなら、Solitudeを買えば良かったかも。

後悔しきりのホイール組でした。

カレンダー

2018年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

PR