5.日本語フォント入れ替え

気にしなければどうでも良い、でも気になりだしたら止まらない。そんなSK17の中国語?フォント。

それを今回は日本語のフォントにします。

この作業はroot化が必要。

 

まず、日本語のフォントを入手する。

https://github.com/android/platform_frameworks_base/tree/master/data/fontsから、MTLmr3m.ttfをダウンロードして、DroidSansJapanese.fftにリネーム。パソコンは”拡張子を表示する”にしておいたほうが良いよ。

 

そして、パソコンとSK17をUSBでつなげるなどして、パソコンからSK17のSDカードにアクセスできるようにする。

 

次に、https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estrongs.android.popに行ってSK17aにES ファイルエクスプローラーをインストール。

ES ファイルエクスプローラーの「設定」→「ルートオプション」の中の「ルートエクスプローラー」と「ファイルシステムをマウントする」にチェックを入れる。

ES ファイルエクスプローラーで、本体/system/etc/fallback_fonts.xmlを長押しして、オペレーションから”…にコピーします”を選択して/mnt/sdcard/に保存。

パソコンからSDカードにアクセスし、fallback_fonts.xmlを取り出しておく。

テキストエディタでfallback_fonts.xmlを開く。

下の通り、Lohit-Tamil.ttfとDroidSansFallback.ttfの間にDroidSansJapanese.ttfを追加。(赤字の部分)さっき手に入れてリネームした日本語フォントと同じ名前になっているか確認。

<family>
<fileset>
<file>Lohit-Tamil.ttf</file>
</fileset>
</family>
<family>
<fileset>
<file>DroidSansJapanese.ttf</file>
</fileset>
</family>

<family>
<fileset>
<file>DroidSansFallback.ttf</file>
</fileset>
</family>
</familyset>

上書き保存したら、変更したfallback_fonts.xmlと、先に入手しておいたDroidSansJapanese.fftをパソコンからSDカードにコピーする。

ES ファイルエクスプローラーを起動して/mnt/sdcard/に行くと、SDカードに戻したfallback_fonts.xmlとDroidSansJapanese.fftがあるはずなので、まずはfallback_fonts.xmlを長押し。

オペレーションから”…に移します”を選択。移動先は/system/etc/を選択してOK。上書き保存もOK。

/mnt/sdcard/に戻り、DroidSansJapanese.fftを長押して、また”…に移します”を選択。移動先は/system/fonts/にして、上書き保存。

SK17を再起動すると、日本語フォントに変わっているはず。

カレンダー

2018年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

PR